金井宣茂宇宙飛行士の深海から宇宙を目指す?経歴が凄い!

8月27日の記者会見で金井宣茂宇宙飛行士が
2017年11月から国際宇宙ステーションへ
長期間滞在することが発表されて話題になっています。

7月には油井亀美也さんが国際宇宙ステーションで滞在中に
補給機「こおのとり」のドッキングを見事成功させて順調に
活動している中での今回の発表で金井宣茂さんが
どんな経歴を持った人なのかが気になりますね。

記者会見での金井宣茂さんを初めて拝見したときには、
X JAPANのToshl
かと思いましたが、凄く真面目そうな感じが印象的ですね。

そこで、これまでの経緯と金井宣茂さん自身の経歴を調べてみました。

スポンサードリンク

金井宣茂さんは元海上自衛官

1976年、東京生まれの千葉育ちで今年で39歳になります。
東邦大学付属東邦中学、東邦大学付属東邦高校を経て
防衛医科大学校医学科を卒業して医師免許を取得後、
海上自衛隊に入隊したそうです。

中学と高校は千葉県習志野市にある私立校・東邦大学付属の中高一貫校で、
中学受験を経験していることから家柄もそれなりのハイレベルなんでしょうね。

高校の偏差値が72もあるそうで、やはりというかかなりの難関みたいですよ。

ちなみに東邦大学付属東邦高校出身者には、

アナウンサーの葉山エレーヌ
タレントのいとうせいこう
劇作家で俳優の唐十郎

が知られています。

あのSTAP細胞の騒動で有名になった
小保方晴子さんも卒業しているそうですよ。

やはりいずれも優秀な人ばかりですね。

金井宣茂さんは潜水医学が専門

そこで潜水艦乗組員の長期閉鎖環境下での
健康面や精神面について学んだそうです。

その後は自衛隊関連の病院を勤務して2009年には
JAXAの宇宙飛行士選抜試験に参加し最終選考まで進み、
油井亀美也さんと次回予定の大西卓哉さんがが
宇宙飛行士訓練生に選ばれた際、補欠として選定されたんだそうです。

今回の宇宙飛行士の任務を任されたのも、
きっと潜水艦と同じく宇宙ステーションという閉鎖環境下での
医学的知識を発揮してもらうことが役目でもあったんでしょうね。

ちなみに医師から宇宙飛行士に転身したのは日本人では3人目だとか。

元医師だけに「私の売りは科学実験」と自負しているそうで、
インタビューに応じた時は
「宇宙に上がったときには、日本の実験は全て自分がやる」
と意欲を示したそうです。

また潜水医学が専門だけに、深海から宇宙へがキャッチコピーとし、
“潜りの宇宙飛行士”といったシャレも飛び出すなど、
ユニークな人柄がうかがえますね。

スポンサードリンク

金井宣茂さんは独身らしい

経歴も立派ですが、もっと気になるのが金井宣茂さんの家族です。

どんなご両親なのか?
兄弟は何人いるのか?
奥さんはどんな人?
子供は何人?

と知りたいことがいっぱいあるんですが、
調べてみても情報が全くないんですよね。

記者会見も行われているくらいですから
少しは情報があると期待していたんですが・・・

ひょっとして39歳にして独身かもしれませんよ。

かねてから宇宙飛行士という目標に向けて学んできたので、
恋人は宇宙ステーションといったことで頭がいっぱいだったかもしれませんね。

金井宣茂さんの収入

金井宣茂さんは独身?となると今後国際宇宙ステーションでの
任務を終えた後はやっぱり結婚に向けての嫁さん探しですよね。

最近ではテレビの見合い番組では自衛隊男子
が人気があるみたいで何度も企画されています。

やはり自衛官男子となると仕事柄女性に接する機会が少ないみたいですね。

そうなると世の中の独身女性が気になるのは彼の収入ですよね。

金井宣茂さんがどれくらいの給料をもらっているのか?
JAXAのHPで調べてみると・・・

採用時には大卒30歳で約30万円、大卒35歳で約36万円、
ボーナス年2回(金額は不明)、これに特殊勤務手当が付いてくるそうです。

ボーナスの金額が不明なので金井宣茂さんの
収入がいくらなのかは分かりませんが、
他の宇宙飛行士の情報から予想すると
1000万円前後だそうです。

優秀な経歴を歩んできて難関を突破し、
命がけで宇宙飛行士の仕事をしようとしているのに、
その割には少なすぎる金額ですよね。

それでも宇宙飛行士になりたい人が多いというのはお金には代えられないロマンがあるんでしょうね。

ちなみに私はお金を払ってでも宇宙に行きたいです(*^_^*)

あわせて読みたい:宇宙飛行士になるには、どのような条件が必要なの?
         線虫が宇宙飛行士の健康問題を解決!?
         宇宙飛行士の訓練の内容に驚いた!
         油井亀美也さんが解明を目指すダークマターって何?
        
       

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ