大人も眠れないほど面白い宇宙の雑学

宇宙の雑学を集めた本を書きました~
宇宙のオモシロネタが満載です♪
電子本先行発売中!
Amazon 売れ筋ランキングの暦学ジャンルで1位を獲得!
本の詳細はこちら

【Amazon Kindle】
【楽天ブックス】
にて現在発売中!
ペーパーバック版は3月~4月に発売予定

台風が赤道上では発生しない理由

毎年夏から秋にかけて南海上で発生する台風ですが、
たまに日本列島のどこかに上陸して大きな被害を受けます。

ところでこの台風、地球上のどこでも発生することは無く、
決まって赤道から南北の両サイド付近で発生しますよね。

これはその付近が地球上のどこよりも日射量が多く、温められた
海水から台風が発生するのに必要な水蒸気が多いからです。

それでは赤道上ならもっと日射量が多いはずですからより
大きな台風が出来てもおかしくないと考えます。

ところが赤道上には台風は発生しません。
何故でしょうか?

それには理由があります。

台風が回転しているのは地球が自転しているから

赤道上に台風が発生しない理由を説明する前に台風が回転している理由を解説します。

台風が左回転しているのはよく知られていますが、これは北半球で
発生した台風だけであり、南半球で出来た台風は全て右回転しています。

これは地球が自転していることで「コリオリの力」が発生しているためで、
赤道上ではコリオリの力が発生しないために台風が出来ないのです。

コリオリの力とは南北の緯度の違いによる速度の差

コリオリの力は地表の自転速度が緯度の高低差により
違ってくるために差が生じることで発生します。

地球は24時間で一回転しますが、これは
赤道上でも極地方でも同じですよね。

ところが距離にすると赤道上が最も長く、極地方が0になるため
赤道上が自転方向に向けての速度が最も早いことになります。

つまり赤道上には最初から速度が付いていることになるのです。

分かり易く言うと、たとえば赤道上から北極に向けて大砲を打ったとします。

大砲は打った時点で自転方向に速度が付いていることになりますから、
大砲の弾は極地方よりも右側(東側)に飛んでいきます。

 

スポンサーリンク

 

台風が発生する条件は海水温度が26.5度以上

台風の定義は最大風速が秒速17.2m以上になった熱帯低気圧を言いますが、
陸上では発生せず、海水温度が26~27度以上であることが発生条件になります。

ここに1980~2005年で発生してから消滅する
までの台風の中心経路を記録した図があります。

台風の中心経路

コレを見れば一目瞭然で、赤道から南北に一定の幅には
台風がほとんど発生していないことが分かりますよね。

南北およそ5度くらいの海域で台風が発生し難くなっていますが、
この海域ではコリオリの力が作用し難いからです。

また台風は赤道を乗り越えて反対側に移動することはありません

台風が発生するのは熱帯収束帯

台風が最も多く発生する地域は「熱帯収束帯」と呼ばれる
地域で海水温が高くコリオリの力が作用し易い地域です。

ただし熱帯収束帯は赤道と平行になっているわけではなく、
しかも冬と夏で南北に移動し場所によって波打っています。

1月と7月に熱帯収束帯のイラストがコレ

熱帯収束帯

ピンクが7月、青が1月の熱帯収束帯です。
つまり日本が冬の間は熱帯収束帯は南半球に移動するということですね。

まとめ

台風が赤道上で発生しないのはコリオリの力が作用しないためで、
台風は季節により移動している熱帯収束帯で発生し易くなっている。

動画で分かりやすく解説:BBC 神秘の大宇宙 DVD全9巻

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ