月の土地

月の土地近頃月の土地を購入する人が増えています。

そのお値段は最小販売単位の1エーカー(約1200坪)でネット価格2700円と、超安値で購入できるんです。

しかも、きちんと月の「土地権利書」や「月の憲法」、「月の地図」まで付いてくるんです。ちなみに1エーカーとは、サッカー場くらいの面積だそうです。

土地と言うと日本では数千万円もするほど高価な買い物になりますが、それは使用価値があるから。

月の土地がこれだけ安いのは今のところ使用する価値が無いからです。

使用する価値が無いからと言っても、それはその人の価値観の違いですから考え方しだいで価値ある物件になるんです。

彼女へのサプライズプレゼントに『月の土地』

月の土地に関する疑問

それにしても月の土地を買うにあたり疑問に思うことって多いですよね。

  • 月の土地って本当に買えるの?
  • 月の土地購入って詐欺じゃないの?
  • 月の土地所有の権利は世界中の国に適用されるの?
  • 販売者はアメリカのネバダ州に設立された会社

    月の土地の流れ

    月の土地を販売しているのは「ルナエンバシージャパン」という会社。
    アメリカのネバダ州に本社を置くちゃんとした会社なんです。

    代表はデニス・ホープ氏で、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、徹底的に調査したところ、宇宙に関する法律では「宇宙条約」があることを確認したとのこと。

    そこでは、月の土地は国家が所有してはならないが、個人での所有を禁じている法律は無かったとされているのです。

    そこでデニス・ホープ氏はサンフランシスコの行政機関に月の土地所有権の申し立てを行ったところ、正式に受理されたんだそうです。

    また念のために月の土地の権利宣言書を作成してアメリカはもちろん国連やソ連に提出したところ異議申し立てがなかったことから月の土地販売にゴーがかかったんだそうです。

    したがって月の土地を販売することは詐欺でも何でもなく、正式なルールに則って行われているので心配はいりません。

    月の土地はハリウッドスターや日本の有名人も購入

    月の土地販売は1996年から開始してこれまで、多くの人が購入していて、全世界で175ヶ国、130万人いるそうです。

    その中には元大統領やメグ・ライアン、トム・ハンクスなどの有名ハリウッドスターが名を連ねているそうです。

    日本での月の土地販売は2002年から

    アメリカでも注目されていることから、日本でも2002年に販売開始したそうです。

    予想通り評判は上々で、すでに15万人が月の土地を所有しているそうです。

    日本人の有名人としてはスマップの香取信吾や福山雅治、プリンセス天功、矢口真理、西村知美などが月の土地を所有しているそうです。

    乳がんで闘病中の北斗明さんも月の土地を所有しているんですよ。
    ブログで公開していました。

    そのブログがこちら⇒北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る

    北斗さんには早く完治してもらいたいですね。

    これも一部の有名人ですから他にもたくさんいると思いますよ。

    希望する場所を指定して購入することはできない

    せっかく月の土地を購入するからには自分の好きな場所を購入したいですよね。

    「静かの海」
    「晴れの海」
    「コペルニクス」
    「ケプラー」

    土地の権利所にこんな地名があったら素敵ですよね。
    しかし、残念ながら場所を指定して購入することはできないそうです。

    ただ、まとめて複数の土地を購入することができるそうで、その場合隣同士が連番になるとのこと。10エーカーまで購入できるみたいで、大きめの土地を購入するには良いですよね。

    月の裏側は購入できない

    今のところ地球から見ることができる場所しか購入できないとのことで、裏側の販売は未定だそうです。

    ちなみに現在発売している面積は月全体の59%ということになっているそうで、55億エーカーとなっています。

    月の土地所有でこんなことがあるかも

    今のところ月の土地所有権が将来どのようになるかは不透明ですが、「ロマンを買う」と思えば面白いのではないでしょうか。

    実際にホワイトデーに宇宙好きの彼女のためにプレゼントする人もいて、感動されること多いようですよ。

    これが口コミとなって注目されつつあるんです。

    彼女に天体望遠鏡で月を見せて「ここが君の土地だよ」ってプレゼントをすれば、これまでにないサプライズかもしれません。

    彼女へのサプライズプレゼントに『月の土地』

    それだけではありません!

    月の開発が国家プロジェクトとして進んでいけば、一般人が気軽に月に行けるようになり、所有している月の土地に自宅を建てることが可能になるかもしれません。

    また、希少な鉱物や資源が見つかれば一夜にして大金持ちになるかもしれません。
    自分の子供たちへの遺産相続としても素敵ですよね。

    次々と月の土地所有権が子孫へ受け継がれていけば、やがて月に別荘を持てる時代が来るかもしれません。

    また、生まれたばかりの子供に記念として月の土地を購入する親も増えているようです。

    自分たちが月に行けなくても子供たちに行ってもらえれば、という考え方なんでしょうね。

    子供たちだけではありませんよ。母の日や父の日、誕生日など、プレゼントとして大人気みたいです。

    中には結婚を機会に両親に月の土地をプレゼントする人もいるとか。
    月の土地プレゼントって使い方次第で面白いんですよ。

    月の土地の維持管理費や固定資産税はかかる?

    今のところは月の土地の維持管理は一切かからないようになっていますが、固定資産税に関してはアメリカで法案が提出された経緯があります。

    日本においては月の土地の固定資産税の法案さえ提出されていないようですが、そこは国の“台所事情”により変わってくるので今後どうなるかは判りません。

    ということで現在は維持管理費や固定資産税はかからないようです。ただし、贈与や相続などの「名義変更」や権利書の紛失による再発行には手数料がかかるようです。

    月の土地所有権利は有効期限は無い

    ルナエンバシー社によると権利所には有効期限は無いとされ、会社が存続するうちは永遠に権利を主張していくとされています。

    しかし世界がどのようなことを主張してくるかにより永遠の権利が確約できる保証も無いとされています。

    つまり、無理のない形で月の土地を購入し、趣味の延長みたいな考え方で見ておいてくださいとのことです。

    将来の値上がりを見込んで大量に月の土地を購入することはリスクが大きいということですね。

    今後、月だけでなく火星や太陽系外惑星の移住も視野に

    ルナエンバシー社は月の土地だけでなく火星の土地も販売しているんですよ。

    ちょっと前に民間による火星移住計画(マーズワン)が発表されたり、生命の存在の可能性がある太陽系外惑星がいくつも発見されたりと、人類は間違いなく地球外惑星への移住を視野に入れ始めています。

    今のところ火星移住だけは実現できそうな雰囲気ですが、いずれ月にも移住できるような計画が発表されるかもしれません。

    そしていずれは太陽系外惑星への移住も探査が始まると思います。

    地球も永遠に住むことができる惑星ではありません。
    やがて住めなくなると言われています。

    2014年に公開された映画「インターステラー」のような世界もそんなに非現実的ではないかもしれません。

    私たちが生きているうちは簡単に移住できるようになるとは思いませんが、こういうことって考えるだけでもロマンがありますよね。

    晴れた夜空に月や火星を見ながら家族や友人と遠い未来の移住計画なんかを語るのも面白いかもしれませんよ。

    『月の土地』詳細はこちら

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ