はやぶさ2・小惑星の命名一般公募にルールがあった!

2014年12月3日に打ち上げられた「はやぶさ2」が向かう小惑星に名前を付けるために一般公募することは「はやぶさ2が向かう小惑星の名前を一般公募」でご紹介しましたが、そこには細かなルールがあることが最近になって判りました。

これは国際天文学連合(IAU)が決めているルールのようで、JAXAが公募しようとしている中、ややこしいルールに頭を悩ませているようです。

初代はやぶさの時にサンプル回収に成功した小惑星に付けた名前は「いとかわ」ですが、これは初めてペンシルロケットを成功させたことでも知られている、日本宇宙開発の父・糸川英夫氏の「糸川」から名付けられたものです。

そこで今回はやぶさ2が向かっている小惑星の名前は「1999JU3」となっていますので、これに名前を付けましょうということでしょう。

一般公募の案が報告されてからは私もいろいろと考えてはみましたが、ルールがあったことは知らなかったので再度考え直さないといけませんね。

スポンサードリンク

国際天文学連合(IAU)による小惑星の命名条件

小惑星の命名条件には以下のような条件があります。

1.すでに付けられている名前や似かよった名前はNG
2.発音しにくいものはNG
3.なるべく単語であること。
4.アルファベットで16文字以下であること
5.公序良俗に反するようなものはNG
6.政治家や軍人の名前や、それに関連する出来事は死後100年経っていること
7.ペットの名前はNG
8.商業的な理由はNG

以上が大まかな命名条件ですが、例をあげると・・・

(1.)なんかは「はやぶさ2が向かう小惑星の名前を一般公募」で書いてある「いとかわ2」も似かよった名前なのでNGですね(^^ゞ

重複に関してはインターネットでカテゴリー別に調べることで確認できます。

たとえば人名に因む名前なら「人名に因む名を持つ小惑星の一覧」で確認すると簡単です。

(2.)は、「老若男女」や「ぱみゅぱみゅ」なんかもダメかもしれませんね(*_*)

(7.)は、以前ならペットの名前が付けられていたこともあったようですが、このような条件が付けられているのは候補を絞る目的があるみたいです。

小惑星の一覧を見てみると、1800~1980年くらいまではほとんど命名されているようですが、それ以降は仮符号のままになっているものもちらほら見えてきます。

2000年以降に至ってはほとんどが仮符号のままになっています。名前が付けられないほどたくさんの小惑星が見つかっているんですね。

小惑星の多くは神話由来が多い

小惑星は観測技術の向上で最近では非常に多くの小惑星が見つかっていて、以前なら順次名前が付けられていたものが、最近では名前を付けずに放置されているようです。

どういった名前が多いのかというと日本語ではやはり神話由来が多いそうで、「イザナギ」「ヤマタノオロチ」「アマテラス」などはすでに付けられているようです。

スポンサードリンク

どんな名前が付けられているのか小惑星の一覧から抜粋しました

小惑星の一覧を見てみるとこんな名前がありました。

印象深かったのを一部取り上げてみました。

東京
湯川(湯川秀樹)
宮沢賢治
清盛(平清盛)
義経(源義経)
晋作(高杉晋作)
松陰(吉田松陰)
零士(松本零士、漫画家)
早見優(早見優)
坂本九(坂本九)
薬師丸(薬師丸ひろ子)
手塚(手塚治虫)
伊丹十三(伊丹十三)
丹頂鶴
時計台
日本書紀
奥多摩
こどもの森
清里
箱根
アメリカ
ロシア
イスカンダル
クレオパトラ

人の名前や鳥の名前に地名など、中には芸能人や漫画家まであって、けっこう幅が広いように感じます。

イスカンダルに至っては宇宙戦艦ヤマトが放射能除去装置を取りに向かった惑星の名前ですからね。

いったいどんな人が付けたんでしょうか?

宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学

今回の一般公募ではネット上でも話題になっていますがたくさんの人が「イスカンダル」を候補に挙げていましたが、すでに付けられているのでダメですね。

実は私も考えていたんです(^^ゞ

これを見る限りふざけた名前でなければ何でもいいような気がしますが、はやぶさのプロジェクトマネジャーを務めた川口淳一郎氏の話によると、日本で宇宙開発に貢献した人の名前や未来に希望が持てる名前が良いとのことなので、これに準じた名前を考えることが秘訣かもしれません。

最終的には提案された名前を国際天文学連合(IAU)で審査してもらい、承認されることになるそうです。

いったい誰がどうやって決めるのか?

気になりますね。

また情報が入り次第ココに掲載します。

再度小惑星の名前を考えてみました

「はやぶさ2が向かう小惑星の名前を一般公募」では、いくつか提案しましたが、国際天文学連合(IAU)による小惑星の命名条件を受けて再度考えてみました。

タカクラ(高倉健)
スガワラ(菅原文太)

いかがですか?

2人とも昨年亡くなったばかりの俳優ですが、国民栄誉賞も検討されている2人です。この2人に因んで小惑星に命名してみても良いのではないでしょうか?

重複もありませんでしたし天文には関わりが薄いですが、日本の天文ファンなら賛成するかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ