オーロラがきれいに見える条件 いつどこがベスト?

せっかく高い旅費を支払って観に行くオーロラですから、いかにしてより綺麗に見られるために予備知識を頭に入れておきたいところです。

オーロラを綺麗に見るためには様々な条件があっていずれもクリアーしたいですよね。

どのような条件があるのでしょうか?

「オーロラが見れる確率が一番高い時期とベストスポット」でも少しだけ触れましたが、ここではさらに詳しく解説します。

条件1.空気が澄んでいて晴れている

天体観測に空気が澄んでいて晴れていることがより綺麗に見えることは当然といえば当然ですが、欲を言えば雲ひとつない快晴であればベストです。

というのは、オーロラは写真で見る限り赤や緑、黄色など、いろんな色が混ざり合ってみるるからに美しいですが、こうした画像はよほど条件がよくないと見られないもので、よく表れるオーロラの中では雲なのかオーロラなのかわからないこともあるんです。

雲が少しでもあるとオーロラと同化してしまい、はっきりしないまま終わってしまうことも少なくないとか。

オーロラが見える地域の晴天率も目安になるので行く前に検討材料にすると良いでしょう。あとは湿度や気温です。

湿度が高いということは空気も淀んでいるということであり夜空をクリアーに見ることができません。

また時期によってはマイナス30度といった極寒の中、オーロラが出現するまで数時間も待つことは珍しくありません。ある程度の体力と根気が要求されます。

最低でも観測地点の晴天率を確認しておきましょう。

条件2.月や街の明かり、障害物が無い

オーロラに限らず、天体を見るには灯りが“天敵”なんです。街の明かりや月の明かり、周りの人が使用する懐中電灯など、明りが無い暗い場所が良いです。

またマナーの話になりますが、暗がりで作業するのに使われる懐中電灯ですが、そのまま使用するとふとしたことで他人を照らしてしまうことってありますよね。

せっかく暗闇で目が慣れてより美しいオーロラを見ようとしている人に光を当てると迷惑ですよね。

それに撮影をしている人にとってはせっかく綺麗にオーロラが撮影できたのに懐中電灯の光で一瞬にパーになることもあります。

そんなときのために懐中電灯には必ず赤いセロファンを被せておきましょう。

これなら他人を照らすこともないし一通りの作業はできて、迷惑をかけることもありませんから。

あとは見晴らしですね。オーロラは目の前に現れるとは限りません。遠くの低い位置に見られることもあります。できるだけ障害物が無い場所を選びましょう。

スポンサードリンク

条件3.太陽の活動が活発である

オーロラは太陽風(プラズマ粒子)が地球の磁場とぶつかって発光することで起こる現象ですが、太陽風が強ければ強いほどオーロラが出現しやすくなります。

太陽の活動は11年周期で活発になったり弱くなったりを繰り返しています。活動が活発な時は黒点が多くなり太陽風も強くなるとされていますから、オーロラの出現率は太陽の活動に左右されるのです。

気になるのは最近の太陽活動ですが、11年周期で活動が活発にならなければいけない時期なのに依然低下したままのようで、これは過去数百年でも珍しい現象だそうです。

したがって、2014年10月現在はオーロラが見られる確率が低下しているみたいですね。

とはいえ先のことは判りませんから、太陽の黒点がたくさん出てくることを祈りましょう!(^^)!

条件4.夜が長い時期

オーロラは一年中24時間いつでも出現する可能性がありますが、昼にはもちろん見ることはできません。

北半球は4月~7月は「白夜」といって1日中太陽が沈まない時期があります。

なので白夜の時期は避けなければなりません。夜が長い時期に観測するのがオススメです。

オーロラは「蛍光灯」と原理は同じ

オーロラは一種の放電現象で赤や紫、グリーンなど、ぶつかる原子によって色が変わってきます。

ちなみに酸素原子にぶつかればグリーンや赤、窒素原子にぶつかれば青や紫となります。

こうした現象は私たちの生活に馴染みの深い「蛍光灯」と原理は同じで、オーロラは自然界(太陽から送られてきた)のプラズマで、蛍光灯は人工的に作り出したプラズマという違いだけです。

電子レンジに蛍光灯を入れると光るのも同じ原理です。

オーロラが出現する仕組みはまだ完全には解明さてていなくて、未だに謎の多い天体現象だそうです。

全ての条件を考えればイエローナイフ

以上がオーロラをきれいに見れる条件ですが、これを満たした地域はやはりカナダの「イエローナイフ」でしょう。

イエローナイフ・オーロラ ツアー の料金で安いところは?
オーロラツアー・一番人気イエローナイフの気になる口コミ

「イエローナイフ」はオーロラの観光には世界的に有名で毎年多くのオーロラファンが訪れています。

晴天率が高いうえに空気が澄んでいて寄り綺麗なオーロラが見れるともっぱらの評判です。

オーロラ出現率も3日いれば95%の確率で見られるといった他には無い高確率も人気の一つ。

またオーロラの最高レベルである「オーロラ爆発」が観られるのもイエローナイフが多いということです。

関連リンク:オーロラのレベルとは

イエローナイフのオーロラツアーに関しては「オーロラ爆発が見られるイエローナイフオーロラツアー」にも書いていますので、参考にしてみてください。

謎が多い現象だけに神秘的なオーロラですから、しっかり知識を蓄えて観に行ってくださいね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ