大人も眠れないほど面白い宇宙の雑学

宇宙の雑学を集めた本を書きました~
宇宙のオモシロネタが満載です♪
電子本先行発売中!
Amazon 売れ筋ランキングの暦学ジャンルで1位を獲得!
本の詳細はこちら

【Amazon Kindle】
【楽天ブックス】
にて現在発売中!

太陽系の惑星の大きさと距離感

誰もが太陽系を外からみたイメージってもっていると思いますが、
おそらく正しくイメージしている人は少ないと思います。

イラストでも太陽が極端に大きくて水星、金星、地球・・・
が並んでいるだけのものが殆どですよね。

たとえばこんな感じで
太陽系をイメージしたイラスト

しかし、実際の大きさと距離感をイラストにすると、
太陽系は大きすぎてとてもでは無いですが描けるものではないんですよ。

そこで太陽系の大きさを正しくイメージしてもらうために
判りやすく身近にある物に例えて並べてみますね。

スポンサーリンク

 

太陽系の大きさ

太陽系には現在、水星、金星、地球、火星、木星、土星、
天王星、海王星と、8個の惑星が公転しています。

太陽から最も外側を公転している海王星までの距離は4,498,252,900 km(平均公転半径)で、
光速でも約4時間もかかるくらい遠いところにあるのです。

今のところ太陽系の惑星では海王星が最も外側にありその外側をカイパーベルト、
さらに外側には「オールトの雲」があると言われています。

今後の探査や観測で新しい姿が見えてきますが、
とりあえずは判っている部分だけを見ていくことにします。

太陽系の惑星とその大きさ、太陽からの距離

まずは太陽や惑星の直径と、太陽から各惑星までの距離を見てみましょう。

太陽からの距離=平均公転半径とします。

天体名 直径(Km) 平均公転半径(Km)
太陽 1,400,000 0
水星 4,900 57,910,000
金星 12,100 108,200,000
地球 12,700 149,600,000
火星 6,800 227,900,000
木星 139,800 778,300,000
土星 116,500 1,429,400,000
天王星 50,700 2,875,000,000
海王星 49,200 4,504,400,000

太陽からの距離なんかを比べてみると単純に海王星まで45億キロ
あるわけですからとんでもなく大きいことが判りますね。

これでは太陽系全体をイメージできませんから小さくしなければなりませんね。

それではこれを縮めてみるとどうなるでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

太陽を1m(1000mm)のバランスボールに例えてみます

太陽を直径1mのバランスボールに例えて各惑星が身近なものでどれくらいの大きさになるのか見てみます。

天体名 直径(mm) 身近なものに例え 平均公転半径(m)
太陽 1000 バランスボール 0
水星 3.5 正露丸 41.4
金星 8.6 小さめなビー玉 77.3
地球 9.1 大きめなビー玉 106.9
火星 4.9 BB弾 162.8
木星 99.9 砲丸投げの玉 555.9
土星 83.2 ソフトボール 1021
天王星 36.2 ピンポン玉 2054
海王星 35.1 ピンポン玉 3217

ちなみに月は水星の7割くらいの直径ですから
マッチの先端くらいの大きさですね。

太陽が直径1メートルなら海王星の軌道は半径約3.2km

以上が太陽系の大きさを比率で表しましたが、おそらく思ったより違ったイメージではないでしょうか?

太陽が直径1mのバランスボールだったら水星は40m離れたところにある「正露丸」、
地球は100m離れたところにある「ビー玉」、一番大きな木星でも
560m離れたところにある「ソフトボール」です。

もっと意外だったのが太陽から一番外側にある海王星までの距離ではないでしょうか?

海王星まで何と3.2km、直径にすると6.4kmにもなるのです。

直径が6.4kmの中心に直径1mの太陽がポツンと佇んでいるのです。

こんな広い中で太陽は各惑星を大きな引力で引っ張っているんですよ。

こうやって見ると太陽系ってけっこうスカスカなんですよね。

動画で分かりやすく解説:BBC 神秘の大宇宙 DVD全9巻

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ