ペルセウス座流星群・2016年の極大はいつ?

2015年のペルセウス座流星群は極大が昼間ということもあって
ピークがズレてしまいましたが月明かりの心配が無かったので
観測条件としてはまあまあといったところでした。

ただ北海道と四国を除いては天気がよくなかったことから
流星自体が全く見えなかったという報告もあったようです。

それでも天気に恵まれた地方では例年通りの流星が観測できたようで、
ペルセウス流星群の安定度が再確認できました。

ちなみに1時間当たりの数(全国平均)で最も多かった出現数は
8/15の4時台に20個近く観測できたようです。

ピークが8/13の15時と予想されていたので、その前後に最も多く観測
できるはずだったんですが、悪天候に邪魔されて8/15がピークになってしまったみたいです。

天気に恵まれれば50個くらいの流星が観測できたかもしれませんね。

さて2016年のペルセウス座流星群は条件的にどうでしょうか。

2016年のペルセウス座流星群は好条件

2015年は好条件にも関わらず悪天候でちょっと残念な
結果に終わったみたいですが2016年は条件的にはもっと良いですよ!

と言うのは月齢が11で夜半過ぎに沈むので月明かりの心配はありません。
あとは天候だけですね。

2016年をはじめ今後5年間のペルセウス座流星群の観測条件データを見てみましょう。

    極大日 時間  月齢(条件)
2016年 12日  21時  10 (良)
2017年 13日  04時  20 (悪)
2018年 13日  10時   1 (良)
2019年 13日  16時  12 (悪)
2020年 12日  23時  23 (悪)

これを見ると2016年が今後5年間で最高の条件であることが判りますね。
まさに絶好の観測チャンスです。

ペルセウス座流星群の放射点
ペルセウス座流星群の放射点

ペルセウス座流星群の特徴

ペルセウス座流星群・2015年のピークはいつ?にも書いてありますが、
ペルセウス座流星群はスピードが速くて明るいものが多く、
中には流星痕が残ることが多いです。

よく流星の写真で途中に急激に明るくなっている場合がありますが、
こういった性質なのがペルセウス座流星群です。

ピークには30~60個の出現数を誇りますが、これも母天体の「スイフト・タットル彗星」
が接近してくれれば流星の大出現も期待できるかもしれませんが、
何せあと100年くらいは戻ってこないので期待できません。

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群のツアー参加がおススメ

せっかく好条件なのに観測場所の街明かりや天気が悪ければ
ペルセウス座流星群をたくさん見られないこともあるでしょう。

そんなときにお勧めなのがペルセウス座流星群のツアーです。

近頃では2016皆既日食オーロラ観測といった様々な
ツアーがあって、流星群のツアーもあるんですよ。

私が子供のころにはツアーと言ったらスキーで利用した記憶しかないので、
流星群のツアーがあるなんて想像もつきませんでした。

それがいろいろと調べてみたらあったんですよ。

2016年のペルセウス座流星群ツアーはまだ募集を開始していないため、
参考になればと2015年のを載せておきます。

クラブツーリズム  
セブン旅ネット・星旅プロジェクトツアー  

ざっと調べてみただけでも大手だけでもけっこう組まれてましたよ。
無名なツアー会社でたくさん組まれているみたいです。

どこも標高の高い高原まで運んでくれるので空気が
澄み渡って街明かりの邪魔が無い絶好の観測場所です。

ただ、天気予報で天気が悪いとなるとツアー自体が
中止になってしまうこともあるので注意が必要です。

上着も準備しておく

ペルセウス座流星群は8月ということで半袖のまま観測する人がいますが、
標高の高い高原ともなると夜はけっこう冷え込んでくることもあります。

必ず上着を一枚用意しておきましょう。念のために虫よけスプレーも用意しておきましょう。

またペルセウス座流星群・2015年のピークはいつ?にも書いてあるように、
懐中電灯に赤いセロファンを貼っておくなど他の方の迷惑にならないようにしなければなりません。

流星群を撮影しようよしている人も多くいます。
流星の撮影ってどこに流れるか判らないので意外と難しんですよ。

そうした人達の迷惑にならないように気を付けたいものですね。

あわせて読みたい:みずがめ座η流星群 2016年5月にピーク
         こと座流星群・2016年4月のピークはいつ?
         ふたご座流星群・2015年のピークはいつ?
         しぶんぎ座流星群・2016年のピークはいつ?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ