大人も眠れないほど面白い宇宙の雑学

宇宙の雑学を集めた本を書きました~
宇宙のオモシロネタが満載です♪
電子本先行発売中!
Amazon 売れ筋ランキングの暦学ジャンルで1位を獲得!
本の詳細はこちら

【Amazon Kindle】
【楽天ブックス】
にて現在発売中!

地球にはどうして磁石みたいにN局とS局があるの?

子供のころに磁石にはS極とN極があることを習ったと思いますが、
地球にもS極とN極があることを習いましたよね。

でもあれって不思議だと思いませんでしたか?

磁石はコイルを巻いて電気を流すことで磁気を帯びますが、
地球はコイルを巻いたわけでもなく電気も流したわけでもありません。

なのに地球は巨大な磁石になっているんです。
地球だけではありません。

太陽系の惑星のうち金星と火星以外はすべて磁場があるのです。

これは一体どのようなメカニズムになっているのかが気になり調べてみました。

スポンサーリンク

 

S極とN極があるメカニズムは分かっていない

理科の実験なんかに使われる磁石は鉄でできていますよね。
しかし地球は金属ではないので本来磁場はもたないはずです。

ところが地球には磁場がって磁石のようにS極とN極があります。

実はこのメカニズムは未だに分かっていないそうで、
一説によると、
地球内部にはマントル対流と呼ばれる溶けた鉄が対流していて、
これが磁場を発生させていると言われています。

これを「ダイナモ効果」といって鉄が回転することで
磁場が発生すると言われているのです。

つまり地球全体が巨大な磁石っていうところですね。

過去に北極と南極が入れ替わったこともある

現在は北半球の自転軸は北極で南半球の自転軸は南極とされていますが、
実は過去に何度も入れ替わっていたのをご存知でしょうか。

なんと9回も入れ替わっているんですよ。

と言っても360万年の間ですけど・・・

また、磁場自体が消えてしまったこともあるんだそうです。
こうした現象は未だに原因が解明されていません。

ちなみに現在はその転換期に来ていると言われていて、
南半球を中心に地磁気が弱くなってきているという報告もあります。

地球に磁場が無かったら人類は存在しない?

これまで何度かN極とS極が入れ替わっていることは分かっていますが、
入れ替わる間に磁場が消えてしまうそうです。

磁場は太陽風や宇宙線といった有害な
放射線から私たちを守ってくれています。

もし磁場が無くなれば地球は放射線によって焼かれ、
多くの生命は絶滅すると言われています。

英知を集めれば人類だけは生き残ることも
可能でしょうが他の動物はそうはいきません。

海中深くに住んでいる魚介類なら何とか生き延びられるかもしれませんが、
地上に住んでいる動物や海中の魚は殆どが死滅すると言われています。

また問題なのは磁場消滅の過ぎ去った後です。

たとえ人類が生き残っても、人類以外の殆どが
死滅してしまっては食べる物が無くなってしまいます。

つまり人類も殆どが絶滅してしまうということです。

 

スポンサーリンク

 

火星が今のような状態になったのも磁場が無かったから

火星に過去、海があったって知ってましたか?にも書いていますが、
かつて火星にも大量の水が存在し地球に似た環境であったと言われています。

それが現在わずかな水を残して蒸発してしまい、
大気は地球の1%にしか満たないまでになってしまったのは、
地球に比べて弱い引力もあるが、磁場を持たない火星に
大量の放射線が降り注いだからと言われているのです。

もし火星に地球のような磁場が存在していれば、
生命は磁場に守られ本当に火星人が存在したかもしれませんね。

あわせて読みたい:火星の特徴
         火星テラフォーミング計画は実現できるの?
         火星に水が流れている証拠を見つけたとNASAが発表!

地球のN極とS極の逆転は100万年に1.5回

科学者の間では、地球のN極とS極の逆転に伴う磁場の消滅は
100万年に1.5回とされているそうで、今後1000年以内では起こらないだろうと言われています。

とはいえ過去に実際に磁場の消滅が確認されているわけですから、
生命の絶滅、とりわけ恐竜の絶滅もこれが原因だったのではないでしょうか?

現在最も有力な説は小惑星の衝突が原因とされていますが、
磁場の消滅のほうが説得力があるような気がしますね。

あわせて読みたい:隕石はどのくらいの大きさで人類を絶滅させるほどの破壊力を持つの?

地球の磁場消滅は弱まっている?

現在地球の磁場は徐々に弱くなってきており、科学者の間では磁場の
転換期に来ているかもしれないとの話も出てきているそうです。

そういえば波打ち際にイルカやクジラが大量に打ち上げられたり、
「竜宮のつかい」と呼ばれるめったに見られない深海魚も
網に引っ掛かることも多くなったように思います。

これも地球の磁場がだんだん弱くなってきて磁場を頼りにしている
動物達の方向感覚が無くなってきているのかもしれませんね。

動画で分かりやすく解説:BBC 神秘の大宇宙 DVD全9巻

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ