宇宙の雑学を集めた本を書きました~
宇宙のオモシロネタが満載です♪
Amazon 売れ筋ランキングの暦学ジャンルで1位を獲得!
本の詳細はこちら

【Amazon】
【楽天ブックス】
【DMM】
honto
【ヨドバシ】
【Reader Store】
にて現在発売中!

宇宙で原酒を熟成・サントリーが実験開始!

サントリーが原酒を宇宙で熟成しようとする
実験を始めると発表しましたね。

8月16日に打ち上げる無人補給機「こうのとり5号機」に乗せて
日本の実験棟「きぼう」で1年~数年保管する予定だそうです。

これまで発想が無かった宇宙蔵の実験ですが、
始めようとしたきっかけみたいなものが気になり
調べてみました。

40%アルコールと熟成期間の異なる5種類の蒸留酒の計6サンプルを
実験棟「きぼう」に運んだあとに2つのグループに分けて
まろやかさの形成に関する実験を行うそうです。

ちなみに第一グループは約1年間、
第二グループは2年以上の複数年(年数は未定)
とのこと。

で、実験の内容は、
無重力状態の宇宙でお酒が無対流状態で保管されたサンプルと
地上のサンプルを様々な機器によって分析して比較するそうです。

長期熟成によるまろやかさが増すメカニズム

実験はビールなどの一部のお酒を除く長期熟成に
適したお酒を実験に参加させるそうです。

ウィスキーやブランデーなどの蒸留酒は長時間熟成すると
アルコールの刺激が薄れてまろやかさが生まれることは昔から知られていますが、
実はそのメカニズムの全容は解明されていないそうで、
サントリーといくつかの大学研究グループや
公益財団法人研究機関で共同研究を進めているとのこと。

このまろやかさが生まれるメカニズムをサントリーは、
酒に含まれるエタノールなどの分子が水分子と結合することで生まれると考え、
この現象は液体が動かないほうが反応が進みやすいことが判ったそうです。

ということで液体が動かない環境として無重力の宇宙が選ばれたわけで、
国際宇宙ステーションで実験することが決まったそうです。

つまり地上での長期熟成と無重力での長期熟成で
まろやかさに関わる物質の分子構造が
どのように変わってくるのか比較分析するみたいです。

まろやかさ形成のメカニズムが解明されれば、
熟成の短期化が図れるだけでなく、
味の多様化も期待できるのでしょうね。

なので、将来宇宙で長期熟成したお酒を
販売するといった計画では無いみたいです。

 

スポンサーリンク

 

熟成期間にもピークがある

多くの人はお酒は樽に長期間保存するほど熟成されて
美味しくなると思っているようですが、
実は保存期間にはピークがあるといいます。

それは、原酒の作り込みや樽の材質、大きさ、貯蔵庫の環境、樽の使用回数など、
様々な条件によって熟成のピークが違ってくるとされているそうです。

なので、
どこがピークかはそれに携わる作業員が一つ一つの樽をチェックしながら、
まだまだ熟成が足りないと感じればそのまま保管を続けたり、
ピークと感じたら保管の完了と判断したりと、
まさにブレンダーの見極めにかかっているといいます。

ただ、
何をもって美味しいのかは実際に飲む人が判断することなので、
時代の流れで変わってくるといいます。

サントリーも利益追求の観点からいえば
需要の多い商品を開発することが企業としての使命ですから、
まろやかさも違ってくるのでしょうね。

あいにく私は普段お酒を殆ど飲まないので「まろやかさ」
というものは良くわかりませんが、
お酒が好きな人にとっては興味津々ですよね。

とはいえ、
いつかは宇宙で熟成されたお酒というものを飲んでみたいですね。

気になるのは打ち上げや持ち帰る時の強いGや振動と宇宙線

無重力で液体が対流しないことでまろやかさが生まれることができたとしても、
気になるのは打ち上げ時の強いGと激しい震動でしょう。

これで大きく味が変わってしまうのではないか?
といった懸念が生まれます。

単純に考えれば、
長期熟成したウィスキーを激しく振ってシェイクしたら
さすがに味は変わってくると思うんですけど・・・

そこら辺はどうするのかサントリーは考えているのかが気になります。

それに宇宙空間ですから当然大量の宇宙線に
さらられますから被曝されることが予想されます。

これで分子構造が変わってしまうのでは・・・

まあ私のような素人が考えていることくらいは
サントリーなら想定しているでしょうから問題ないとは思いますが。

将来はお酒を宇宙エレベーターで運ぶ?

今回は実験によりまろやかさが増すメカニズムを解明して
地上でのお酒製造に役立てたい意向のようですが、
もし宇宙での長期熟成でしか味わえないお酒ができるとすれば、
宇宙に運んで作ってもらいたいものです。

しかし現在の宇宙開発では運ぶだけで膨大な経費がかかるうえに、
保管場所に制限があります。

これではウィスキー1本が数千万円なんて
金額になってしまう可能性も否定できないでしょう。

これではよほどお金に余裕がある人で
ない限り購入することはできませんよね。

そこで私が勝手に思いついたのが宇宙エレベーターを利用することです。

宇宙エレベーターで宇宙まで運べば
ロケットで運ぶより100分の一で運ぶことができるし、
宇宙ならいくらでも保管場所を作ることも可能です。

もちろん今は実験段階で実現不可能ですが、
そう遠くない将来宇宙エレベーターは実現するかもしれません。

長生きすれば宇宙で熟成された
美味しいお酒が味わえるかもしれませんよ♪

あわせて読みたい:宇宙エレベーターって何年後にできるの?
         宇宙エレベーター建設の疑問
         宇宙エレベーターのケーブルをどうやって地上と繋げるの?
         宇宙エレベーターで放射性物質を処理する方法を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ