宇宙の雑学を集めた本を書きました~
宇宙のオモシロネタが満載です♪
Amazon 売れ筋ランキングの暦学ジャンルで1位を獲得!
本の詳細はこちら

【Amazon】
【楽天ブックス】
【DMM】
honto
【ヨドバシ】
【Reader Store】
にて現在発売中!

宇宙葬の料金はどのくらいなの?

宇宙葬って知っていますか?

故人の遺灰を宇宙に送りだすお葬式 の事ですが、私も以前から知っていて「自分が死んだら宇宙に送り出してほしい」なんて家族に話していたんです。

家族にしてみれば「何を夢みたいなことを言っているんだろう、そんなのセレブがすることで我が家には関係のない話」って考えているようでした。

まあ私も本気にしているわけではなく、半分冗談のつもりで話していたんですけど・・・

ところが、宇宙葬は外国だけのセレブの世界の話と思っていたら、日本でも受け付けているんですよ!

しかも料金もそんなに高くないんです♪

そこで調べてみたんですが、けっこうあったんですよ。

しかも様々なプランがあるんです♪

ここでは宇宙葬を扱っている会社と大まかな内容をご紹介します。

スポンサーリンク

 

日本での受け付けは3社

宇宙葬を取り扱っている会社をインターネットで調べてみたら3社が見つかりました。

それぞれ基本的には宇宙に遺灰を送るお葬式ですが、各社遺灰の地球周回年数が240年だったり、数か月だったりまた、料金が数十万円から数百万円と様々で、希望に応じてプランを決められる会社もあります。

スペースメモリアル 
女優の島田陽子さんが、スペースメモリアルの生前予約を申し込んだみたいで、宇宙葬を扱っている会社としては最も規模が大きな会社みたいです。

プランもいろいろあって、宇宙旅行プラン、人工衛星プラン、月旅行プラン、宇宙探検プランがあり、その中でもファーストクラス・シングルとかファーストクラス・ツインといった、まるで飛行機みたいにコースが分かれているのが面白いですね。

宇宙旅行プランはロケットで宇宙空間まで打ち上げて一定の時間(未定)が経ったら地球に落ちてくる。

人工衛星プランは人工衛星のように地球の周りを最大で240年周回して大気圏に突入して流れ星になって消滅。

月旅行プランは月まで運んでもらい、月面に落下させる。

宇宙探検プランは宇宙のかなたへ送る。

簡単ですがこんな形で故人の遺灰を送ってくれるそうです。

料金は450,000円~7,400,000円と方法によってはかなり開きがあります。

ソラヘ 

ここは規模が小さいようで人工衛星プランしかないみたいです。

また、地球の周りを数カ月~数年かけて周回し、最後には大気圏に突入して流れ星になって消滅します。

ここは料金が229,000円と格安になっていて従来の半額以下に設定されています。

エリジウムスペース 

ここも規模が小さいようで人工衛星プランしかないみたいです。

また、地球の周りを数カ月周回し、最後には大気圏に突入して流れ星になって消滅します。

ここも料金が割安で1990ドル(約25万円)と格安になっています。

追記
2015年9月になって「月着陸記念館」という名前でスタートしたようです。

代金は12000ドルで遺灰を宇宙船で月まで運んでもらえるそうです。

以上3社をご紹介しましたが、どれも打上げは米国内に所在する宇宙基地だそうです。

ただし遺族が打ち上げに立ち会うとなると旅費も発生するので合計するとかなり高額になるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

バルーンで上空まで送る宇宙葬

他にはヘリウムガスのバルーンを使用して上空まで打ち上げる方法での宇宙葬を行っている会社があります。

ブルーマイルゥー「バルーン宇宙葬」

高度30Km上空で遺灰が飛散されるように設定されているようで、飛散された遺灰が偏西風に乗って地上を周回するというものですが、地上100km以上が宇宙空間と定義していることを考えれば宇宙葬と言えるかどうか微妙なところです。

とはいえ料金が188,000円ということで、新たにお墓を購入することを考えれば格安と言えるのではないでしょうか。

有名人の遺灰を宇宙へ

スタートレックのプロデューサーとして有名なジーン・ロッデンベリーを含む24人の遺灰を月面探査機に乗せて月面に落下させています。

また冥王星探索機ニューホライズンには、冥王星を発見したクライド・トンボーの遺灰が乗せられているそうです。

現在ニューホライズンは冥王星に接近して観測を続けているようですが、クライド・トンボーの遺灰は人類史上最も遠くまで運ばれた遺灰となっています。

ペットの宇宙葬もある

人の遺灰だけでなくペットの遺灰も宇宙葬を受けて付けているようです。

と言っても日本ではまだのようで、外国でしか受け付けていないみたいです。

これはすでに人の宇宙葬を1995年から行っているアメリカのテキサス州を本拠としているCelestis Pets社で、ペットの宇宙葬も手掛け始めたようです。

ちなみに初めて打ち上げたのは2014年の10月とされているようで、その時は人間の遺灰と一緒に打ち上げられたそうです。

ペットの遺灰と人の遺灰を一緒に宇宙に送るなんて日本人には理解されないかもしれませんね。

気になる料金は通常のプランなら約5000ドル(日本円で625000円)、月まで送るプランや深宇宙まで飛ばすプランなら12500ドルと結構な料金になっています。

宇宙ゴミの問題

遺灰を宇宙に送ることはいいけど宇宙ゴミの心配は無いのか気になりますよね。

スペースデブリ(宇宙ゴミ)を撤去する方法は無いのかでも書いていますが現状は宇宙空間に多数の宇宙ゴミが周回していて、非常に危険な状態にあるそうです。

これを考えると宇宙葬もゴミを増やすだけでは考えてしまいますが、宇宙葬を扱っている会社の言い分としては、いずれ大気圏に突入して燃え尽きるので問題ないと言っています。

しかしこれだったら他の人工衛星も同じのような気がするのですが・・・

宇宙エレベーターで放射性物質を処理する方法を考えてみました。でも書いてあるように核のゴミも遺灰も宇宙エレベーターで宇宙まで運んでもらい、そこから宇宙のかなたに散骨するというのはどうでしょうか?

これなら宇宙ゴミの問題も無いし、ロケットを打ち上げるよりもはるかに安価でできますよ。

当分先の話になるでしょうが・・・

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ