大人も眠れないほど面白い宇宙の雑学

宇宙の雑学を集めた本を書きました~
宇宙のオモシロネタが満載です♪
電子本先行発売中!
Amazon 売れ筋ランキングの暦学ジャンルで1位を獲得!
本の詳細はこちら

【Amazon Kindle】
【楽天ブックス】
にて現在発売中!
ペーパーバック版は3月~4月に発売予定

オリオン座流星群・2015年のピークはいつ?

オリオン座流星群は母天体がハレー彗星ということで話題の流星群です。
流星の元となる粒はハレー彗星がばらまいていった粒ですから、
他の流星群とは違った見方があるのかもしれません。

1時間に10~20個程度と流星の個数が少ないことから
天文ファンにもさほど知られていませんが、
近年数が多めに安定する傾向になっているようで、
条件さえよければ、ひょっとしたら
30個くらいは見えるかもしれません。

また非常に明るくて速度の速い流星が特徴で
肉眼でもはっきりと確認できるので
初心者にとって観測しやすい流星群と言えるでしょう。

オリオン座の探し方

天文ファンならオリオン座は一目で判るでしょうが、
初めてオリオン座を見る方にとっては本当に観えるのか心配になるでしょう。

そんな方のためにオリオン座の探し方を解説します。

2015年のオリオン座流星群は月明りを考えると
夜半以降が観測しやすいと思われます。

となると、
その時間帯ではオリオン座は南東の空にすでに見えています。

オリオン座
そちらの方向を見ると右の図のように縦に3つ並んだ星が見えると思います。

これが有名なオリオン座の三つ星です。

左斜め上に赤っぽく見えるのがベテルギウスです。

ちなみにこのベテルギウスは
近いうちに超新星爆発を起こして消滅するかもしれません。

詳しくはベテルギウスが超新星爆発すると衝撃波で人類が絶滅?に書いてあります。

2015年オリオン座流星群のピークは10/22

2015年オリオン座流星群の極大日は10月22日となっていますが、
気になる観測条件はどうでしょうか?

最も気になるのが月明りですよね。
今後5年間の条件を書いておきます。

    極大日 時間  月齢(条件)
2015年 22日  08時   8 (良)
2016年 21日  14時  19 (悪)
2017年 21日  20時   1 (良)
2018年 22日  02時  13 (悪)
2019年 22日  08時  23 (悪)
2020年 21日  14時   4 (悪)

2015年は朝の8時が極大となっていますが、
オリオン座流星群は徐々に数が増えることで知られているので、
時間をずらしたところでそんなに変わるものではありませんから気にする必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

放射点はオリオンの右手

今回のオリオン座流星群の放射点は
ベテルギウスの斜め左方向にあります。

ギリシャ神話は詳しくないのでよく知りませんが、
放射点はオリオンの右手のこん棒を握っているあたりだそうです。

ただし流星群というのは放射点を見ているとかえって見えないですから、
空全体をまんべんなく観ていた方が発見しやすいです。

2015年は極大日が22日の朝8時となっているので、
21日の夜から22日の朝方にかけて観測するのが条件が良いでしょう。

特に夜半過ぎからは月が沈むので
もっと条件が良くなります。

下に敷く物と防寒着を用意

流星の観測は長時間空を眺めている必要があります。
すると10分もすれば首が痛くなってくるので
1時間以上夜空を眺めているのは辛いと思います。

そこで利用されるのが下に敷くシーツのようなものです。
段ボールを敷いても構いません。

これで仰向けになって観測すると何時間でも見ていることができます。

また、10月も下旬ともなれば夜間はけっこう冷え込んできます。

寝ている状態では底冷えしてくるの
で防寒着を用意しておきましょう。

暖かい飲み物なんかを
用意しておけばばっちりです。

流星が流れた時間を測る

私が子供のころから流星が消えるまでの時間を測る方法として、
「だるまさんがころんだ」としゃべることで時間を測っていました。

たとえば流星を発見したら、
すかさず「だるまさん・・・・」としゃべり
消えた時に「だるまさんがころ・・・」で終わったら
この流星は文字数から0.8秒ということになります。

こうして各え流星群で消えるまでの時間を測っておくことで、
願い事を3回唱える練習をしておけば、
次回の流星群で願い事がかなうかもしれませんよ♪

 

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ